Archive for the ‘賃貸’ Category

苦情

 マンションのメール室のポストの後ろに掲示板があって、落し物や連絡事項、回覧板などが貼られています。

今日も読んできました。苦情が何件か貼られていました。子供の走り回る音がうるさいと、ペットの走る音や騒ぎ声がうるさい、ものが落ちて来る。このような内容のもの4件分ありました。やっぱり子供が走り回る音は響いているのですね。これが嫌で最上階に住んだので、そういう苦情をみると「正解!」と自分に言い聞かせます。賃貸でも分譲でも上の階の住人を選ぶことはできません。転勤で色々なところに住んだ経験が役に立っているのだと思っています。

「子どもが走り回る音などの重量床衝撃音は、スラブの厚さと音の響き方が関係する。」のだそうです。スラブが厚いほど遮音性能が高くなるということになります。ひと昔前のマンションはスラブ厚が15cm~18cm程度というケースが多かったのですが、最近では20cm前後が多くなってきています。それだけ遮音性能がアップしてきているということですね。そのため、以前は2階以上の住戸はカーペット敷きとしているマンションが一般的だったのだそうです。本当に今まで住んだマンションはカーペットの部屋が多かったです。このごろはすべての階でフローリングが普通になってきているのはスラブを厚くするマンションが増えたということになるのですね。

以前も書きましたが中空スラブ構造では25cm以上にしないと出来ません。

このマンションのスラブ厚さは30cmです。これは相当の遮音性がある厚さということになります。それでも、子供やペットの足りまわる音の苦情が出るのです。その音の気になり具合は性格によるところも大きいのではないかと感じます。ですから分譲マンション購入のときは自分の価値観をどこに置くかが重要になりますね。

賃貸について

今回はちょっと賃貸のことについて書いていきたいと考えています。

県外に就職が決まったり志望校に受かるなどして新しく賃貸物件を探さないと

いけないことも出てくると思います。賃貸物件にはいるためにはある程度のお金が必要になります。そのお金はいくらぐらい用意しておけばいいのかについて話していきます。

賃貸物件に入居する際には敷金と礼金、仲介手数料・前家賃などが必要になってきます。

敷金について説明します。敷金とは大家さんに預けるお金のことです。

なぜ大家さんにお金を預ける必要があるのかといいますと借りている人が原因で大家さんに損害が出ることがあるからです。それはどういった場合でしょう。

具体的には賃貸物件を借りている人が家賃を払わなかったり、賃貸物件の中の壁や設備などを壊してしまったときなどです。これは借りている人が故意や過失で壊した場合ですので普通に暮らしていた場合には問題ありませんので退去時に敷金が返ってくることになります。敷金は家賃の2~3ヶ月分ほどが必要になります。礼金について説明します。礼金とは大家さんにお礼の意味を込めて払うお金のことです。礼金は家賃の1~2ヶ月分ほど

必要になります。仲介手数料について説明します。賃貸物件を探す時に不動産会社にいって探すと思います。そのときに大家さんとあなたを仲介したということで支払うお金になっています。これが家賃の1ヶ月分ほどです。前家賃は入居月の家賃を事前に支払います。

他に諸費用をあわせておよそ6ヶ月分が必要になっています。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes