Archive for the ‘住宅ローン’ Category

住宅ローンの手数料について

住宅ローンには手数料があります。

住宅ローンを借り入れするためには様々な条件があります。

例えば生命保険に加入しなければいけなかったり、保証人が必要になってきたりします。

住宅ローンの場合は保証人ではなく保証会社になるのですが。

これらの条件を満たすためにはお金がいるのです。

生命保険は団体信用生命保険に加入することになるのでしょうが、毎年保険料を支払わなければいけません。

保険料の額は住宅ローンの返済額が減っていくと、下がっていきます。

これは団体信用生命保険の効果が被保険者が死亡した時に残りの住宅ローンを返済しなくてもよくなることだからです。

この保険に入っておかないと、後に残った家族が返済をしていくことになりかねません。

万が一のときのためにも加入することです。

健康状態がよくないと団体信用生命保険に入れないこともあるので、気をつけましょう。

保証人ではなく保証会社が必要な理由としては住宅ローンがほかのローンよりも借入額が大きいためです。

そのため住宅ローンの返済ができなくなって保証人が返済することになっても保証人も返済することができない可能性が高いのです。

またそのような高額のローンの保証人になってくれる人はそういるものではありません。

それに比べて保証会社であれば金融機関側も貸したお金が返ってこないというリスクを大幅に軽減することができますし、住宅ローンを借りる人も保証会社があるので借りる事が出来るのです。

保証会社に支払うお金は100万円を超えたりします。

この他にも手続きなどにかかる事務手数料などあります。

住宅ローンの借入額だけをみるのではなく手数料のことなどを考慮して、住宅ローンの借り入れをするようにしていきましょう。

住宅ローン 金利

住宅ローンには金利があります。主に固定金利の住宅ローンと変動金利の住宅ローンが

あります。固定金利と変動金利の違いなどについて説明していきたいと思います。

金利の選択を誤ると困る事態に陥ってしまうこともありますのでよく考えた上で

選ぶようにしていきましょう。固定金利の住宅ローンでははじめに今後返していくのに

必要な金額がわかります。つまり返していくのが安定しますので生活の方も安定します。

ただし初期の返済金額は変動金利の返済金額よりも高くなります。

長期的に返済をしていく場合には安定している固定金利の住宅ローンを選択した方が

安心できるのではないでしょうか。

変動金利の住宅ローンの初期の返済金額は固定金利の返済金額よりも安くなります。

ただし金利が変動していくので返済金額が多くなる場合があります。

ですので安定して返済していくことが難しくなることがあります。

短期的に返済が出来る場合などは安い変動金利の住宅ローンのほうがいいでしょう。

知人が熊本に住宅を建てる際に住宅ローンを変動金利で借りようとしていたのですが

変動金利を借りて失敗した方の話を聞いて固定金利の住宅ローンに変更したそうです。

この知人は固定金利の住宅ローンにしてよかったと言っていましたが人によって

どれがあっているのかは変わってきます。インターネットで情報を集めたり

詳しい人から話を聞くなどして知識をつけ失敗しないように住宅ローンを考えていきましょう。

住宅ローン 審査

住宅ローンを借りようとするときには借りる金融機関で審査があります。

この審査に通らないと住宅ローンを借りることが出来ません。

審査に通らない理由としていくつか紹介していくなどしたいと思います。

消費者金融などでお金を借りていた場合などは審査に影響してきます。

さらに返済を延滞したことがあると特に大変になりますのでできるだけ借りることのないようにしましょう。勤続年数が短い場合も審査に影響します。基本的に長年勤めていた方がよいのですが勤続年数を審査基準に入れていない金融機関もあります。

ですから一つのところで落ちたからといってあきらめる必要はありません。

私の友人も大分で注文住宅を建てようと住宅ローンを申し込んだのですが審査に落ちてしまったことがあります。しかし3回目で申し込んだところで審査が通りました。

初めは通りやすいといわれているところに申し込んだらしいのですが落ちてしまったそうです。その後大手に申し込んで通ったみたいです。このように金融機関によって審査基準が違います。他に当たり前ですが年収も重要です。健康であるかも大切な所です。

住宅ローンを借りる際には団体信用生命保険というものに入る必要があるためです。

住宅ローンの審査には事前審査と本審査があります。

事前審査を通過しても必ずしも本審査を通過することが出来るわけではないです。

また住宅ローンを借りる時には購入する住宅には金融機関が抵当権をつけます。

もし住宅ローンが払えなくなったりしたときに手放さなくてはいけなくなります。

住宅ローン

住宅ローンのことについて書いていきたいと思います。

住宅やマンションを購入する時には住宅ローンを使うことがほとんどです。

住宅ローンを使う際の頭金のことなどを書いていきます。

住宅ローンは住宅にかかる金額の80%を借りることができていましたが

今では100%借りることも出来るようになってきました。100%借りれば頭金を

用意する必要もなくなります。しかし、100%借りるのは控えた方がいいと思います。

住宅やマンションが急に欲しくなることはあると思いますがある程度の貯金などを

持たずに買うのは危険性が伴います。お金を借りるということは借りる金額が大きくなればなるほど返す金額が大きくなります。月々の支払いで考えると払えそうな気がしますが

毎月その金額を自分が貯金できるか考えてみてください。私の親戚の話ですが健康住宅を

大分でということで考えていたのですが頭金を多くした方がいいということで3年間待ってから注文住宅を建てました。子供が居るのでお金がかかることが多くなる時期でしたが

頭金を多くしていたおかげで借入額を減らすことが出来、月々の返済が少ないということで家族で旅行に出掛けたりすることができるそうです。

子供にたくさんの思い出をつくってあげることができるとよく嬉しそうに話しています。

頭金がないから100%借りようとするのではなく頭金を用意した上で家を買おうとすることが大切なのではないでしょうか。住宅ローンを払えずに家を手放すケースもありますので余裕を持って払うことが出来るようにしてみませんか。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes