Archive for 12月, 2010

賃貸について

今回はちょっと賃貸のことについて書いていきたいと考えています。

県外に就職が決まったり志望校に受かるなどして新しく賃貸物件を探さないと

いけないことも出てくると思います。賃貸物件にはいるためにはある程度のお金が必要になります。そのお金はいくらぐらい用意しておけばいいのかについて話していきます。

賃貸物件に入居する際には敷金と礼金、仲介手数料・前家賃などが必要になってきます。

敷金について説明します。敷金とは大家さんに預けるお金のことです。

なぜ大家さんにお金を預ける必要があるのかといいますと借りている人が原因で大家さんに損害が出ることがあるからです。それはどういった場合でしょう。

具体的には賃貸物件を借りている人が家賃を払わなかったり、賃貸物件の中の壁や設備などを壊してしまったときなどです。これは借りている人が故意や過失で壊した場合ですので普通に暮らしていた場合には問題ありませんので退去時に敷金が返ってくることになります。敷金は家賃の2~3ヶ月分ほどが必要になります。礼金について説明します。礼金とは大家さんにお礼の意味を込めて払うお金のことです。礼金は家賃の1~2ヶ月分ほど

必要になります。仲介手数料について説明します。賃貸物件を探す時に不動産会社にいって探すと思います。そのときに大家さんとあなたを仲介したということで支払うお金になっています。これが家賃の1ヶ月分ほどです。前家賃は入居月の家賃を事前に支払います。

他に諸費用をあわせておよそ6ヶ月分が必要になっています。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes