Archive for 2月, 2011

中古マンションのこと

今回は中古マンションのことについて書いていきたいと考えています。

新築マンションではなく中古マンションを買おうとする理由としてやはり

値段が安いということではないでしょうか。しかし中古マンションを買う際には

気をつけなければいけないことがあります。気をつけておかないと想像以上に

お金がかかってしまうことになりかねません。大分で不動産を探していた友人も

石橋を叩いて渡るような性格でしたので相当に気をつけていました。

そのおかげで問題なく買うことが出来たらしいです。

中古マンションを買う時に特に気をつけておかないといけないのはやはり

部屋の状態です。中古の不動産の取引形態として現状渡しと呼ばれる方法で取引を

行います。現状渡しというのは中古マンションだったらその部屋を今の状態のまま

あなたに売りますよということです。つまり買った後の責任は自分で持たなければ

いけません。買った後に部屋の床や壁もしくは設備などに傷がついていたり、壊れていたとしても自分で直す羽目になってしまうのです。他にマンションでは維持管理費というものがあります。維持管理費をマンションに住んでいるメンバーから集めてそのお金で

マンションを運営しています。その中に修繕積立金と呼ばれるお金があります。

これは補修や改修が必要になった時に使うお金でこのお金を積立てきれていない管理組合もあります。その場合足りない分のお金は入居者から集めることになります。

入居したばかりなのにそのようなお金を払いたくはないと思います。

事前に情報をしっかり集め、調査しておいたほうがよいのではないでしょうか。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes