Archive for 7月, 2011

住宅を空き巣から守る

住宅を空き巣から守るためには、防犯のことを考えなければいけません。

空き巣によって受ける被害のことを考えると防犯にかかる費用も惜しくはないのではないでしょうか。

また被害以外にも住宅に侵入されたら嫌な気持ちになります。

それらを未然に防ぐようにしましょう。

防ぐためにはお金をかけて防犯用の窓ガラスや錠に変えていくのが一番効果的です。

これによって物理的な侵入を防ぐことができるからです。

住宅に近寄らせないようにという考えもあるのですが、完全ではありません。

防犯用の窓ガラスにはガラスの間に中間膜というものがあります。

中間膜には厚みがあり30ミル、60ミル、90ミルの3種類があります。

もちろん厚いほうが防犯性能が高くなります。

窓から侵入する手法として、こじ破りと打ち破りがあります。

どちらか片方だけに強いものを使うのではなく両方の性能が高いものを使う必要があります。

他にバーナーを用いた焼き破りという手法もあります。

焼き破りにも対応できる窓ガラスもあるのでそれも考えておくといいでしょう。

お金をかけたくないのなら補助錠を使うといった方法もあるのですが、補助錠が効果的なのは窓ガラスを破ってクレセント錠を開けて侵入する手法です。

窓からの侵入が一番多いので、窓はしっかりとした防犯をしておきたいところです。

防犯シャッターを取り付けてみるのもいいかもしれません。

大分で中古住宅を購入してその後リフォームで防犯シャッターをつけていた友人がいました。

常に防犯意識を持って行動するようにしておくといいです。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes