Archive for 1月, 2012

輸入住宅

家の中には輸入住宅と呼ばれるものがあります。

海外の住宅を日本に建てようということで、海外での設計の考え方に基づいて材料を輸入して建てる住宅です。

日本に居ながら海外に住んでいる気分を味わうことができる輸入住宅は人気のある住宅なのです。

輸入住宅は高気密・高断熱で日本の住宅と比べても性能が高いです。

また海外の住宅のデザインなので、そこに魅力を感じる人もたくさんいます。

輸入住宅は大体ツーバイフォー工法で造られることが多いのですが、ツーバイフォー工法とほぼ同様のパネル工法で造られることもあります。

輸入住宅で気になるのはその地域に合わせた造りになっているのかということでしょう。

地震が起こりにくいところで設計された住宅は、地震に強い設計になっているのかなど気になるところです。

ハウスメーカーが扱ったりしているので特に問題はないとは思いますが、確認してみてもいいでしょう。

輸入住宅は長年住むために造られることが多い海外の住宅ならではの耐久性があるので、

30年と言われている日本の住宅よりも長持ちします。

大分の不動産屋で購入した分譲マンションに住んでいた友人がいるのですが、ある日急に輸入住宅が欲しくなったそうで分譲マンションを売って輸入住宅を購入したそうです。

一度行ってみたのですが、部屋が広くてとても生活しやすそうだなと感じました。

快適に過ごすことのできる輸入住宅で生活をすることも考えるようにしてみるといいのではないでしょうか。

賃貸物件のフリーレント

賃貸物件を借りようとして、賃貸物件情報を検索していたりすると○ヶ月フリーレントと書かれたりするのを見ることがあるのではないでしょうか。

フリーレントとは家賃を無料にするという意味で、期限付きで家賃を無料にしてくれる賃貸物件をフリーレント物件と呼んだりします。

フリーレントが賃貸物件に使われるようになった理由は、家賃の直接的な値下げをすることが難しいためです。

家賃を値下げると、通常の家賃を払っている人も家賃を値下げて欲しいと思うでしょうし、実際に交渉する人もいます。

大家さんとしてはそういったことを避けたいのです。

フリーレントなら入居してから数ヶ月無料というスタイルですから、現在入居している人が不満に思うことは少ないのです。

フリーレントは家賃の値下げよりも、大きく値下げしていることが多いです。

大家さんとしてはそれよりも入居してくれる方が嬉しいのです。

入居するときの契約として大体の場合、2年契約を結ぶことになります。

2年契約というのは、2年間は退去しませんという契約です。

この契約を結んで2年たつ前に退去するときは残りの家賃もすべて支払わなければいけません。

2年契約にしておくことで大家さんもフリーレント期間が終わったあとに入居者に出ていかれるということを防ぐことができるのです。

フリーレント物件がどれぐらいお得になるかは計算してみて判断するようにしてください。

フリーレント物件も視野に入れて探すようにしましょう。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes