Archive for 2月, 2012

住宅造りは設計事務所

住宅造りは設計事務所に依頼したいと考えることもよくあると思います。

設計事務所にも色々あって個人でやっているようなところから大規模な設計事務所もあります。

設計事務所には何となく依頼しにくいと考えるかもしれません。

確かに有名な建築家の設計事務所などもあるので、そういった面で気後れするのかもしれませんがほとんど心配することはありません。

依頼してくる人を無下にするような設計事務所はほとんどありません。

気軽に電話して話を聞いてみたりするようにしましょう。

設計事務所に行くと、まずは基本設計をすることになります。

基本設計では間取りなどの住宅の大まかな部分を決めます。

それができたあとに詳細設計といって細かい部分を決めていきます。

基本設計と詳細設計をキチンとすることが設計事務所のメイン業務になります。

そのため打ち合わせは回数などが多くなります。

ここで漏れがないように自分の伝えたいことや考えをしっかりとわかりやすく話すようにしましょう。

打ち合わせのときはお客さんにヒアリングして提案することが多いと思いますが、人によって提案することが違ったりします。

そのため自分と相性のいい設計事務所に依頼することが大切になってきます。

デザインの良い住宅にしていきたい、住みやすい住宅にしていきたいなど色々と考えがあるでしょう。

自分が何を求めているのかを考えて依頼する設計事務所を選ぶようにしていきましょう。

自分達だけの住宅を設計事務所で造ってみませんか。

住宅に使われるビニールクロス

住宅の壁などにはビニールクロスが使われています。

ビニールクロスはとてもよく使われているのですが、それ以外のものを壁に塗ったりすることもできます。

そもそもなぜビニールクロスがよく使われているのでしょうか。

それは安くて手軽だからということが大きな理由です。

ビニールクロスはノリをつけて貼るだけでいいという手軽さです。

それに比べると、漆喰や珪藻土を塗るときには左官屋の技術が影響してきます。

技術力が低いときれいに塗ることが出来ずに塗りムラとなってでてしまうことがあります。

そのため、漆喰や珪藻土を塗るときには熟練の左官屋が塗るほうがいいのです。

しかし、そうすると施工費が高くなってしまうということになります。

つまり、住宅の値段を下げるために使われているということになります。

性能も悪くないビニールクロスですがビニールクロスを燃やすことで人体に影響を与えるダイオキシンが発生してしまうので十分な注意が必要になります。

またビニールクロスとそれを貼るためのノリに少なからず化学物質が含まれているのでそれにも気をつけるようにしておきましょう。

それに比べると漆喰や珪藻土にしたほうが、化学物質を含んでおらず健康にも良い影響を与えるのでお金に余裕があるならそっちにしたほうがいいのではないでしょうか。

健康住宅を大分に建てた友人がいるのですが、その住宅は全面漆喰塗りの住宅だそうです。

漆喰は空気をきれいにしたりする効果もあって、快適な住生活を送ることが出来ているそうです。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes