Archive for 5月, 2015

小上がりの和室

和室のあり方が従来に比べて大きく変化してきたように思えます。住宅のテイストが多様化しているので和室のあり方が多様化するのも自然の流れなのかもしれません。従来のように純和風の家は数を少なくしてきました。それだけに客間としての完全独立型の和室は求められなくなっています。

最近ではそれぞれの空間を区切って使用するよりも、壁や扉をできるだけ取り除き、開放感や明るさを重視した空間の利用方法が人気です。それだけに家族団らんの場であるリビングの一角やリビングの延長線上に和室を設けるスタイルが主流となってきました。フローリングの洋風なリビングから違和感なく和の空間が広がるように工夫する必要が出てきたのです。

そこで私が一番いいなと思っているのが、小上がりの和室を設けることです。フローリングの床から高さのある和室にすることで和と洋の調和も取れやすくなります。また小上がりの和室にすることでいろいろなメリットがあるのです。
まず畳下にできるスペースを収納スペースとして活用できるのです。家族の集まるリビングには物が溢れがちです。日用品や子どものおもちゃなどをしっかりと収納できるスペースはより多い方がいいです。畳下のスペースを利用して収納スペースを充実させることができるのです。

また高さがあることでサッと腰を下ろすスペースとしても最適です。床に座り込んでしまうと立ち上がりが面倒になってしまいがちです。家事の合間の休憩には最適な小上がりの和室となると思います。立ち上がりがスムーズなので家事への取り掛かりもスムーズになることでしょう。和室にも注目して家造りをするべきだと思います。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes