Archive for 6月, 2015

シューズクローク

最近玄関の横にスペースにシューズクロークを設けるのが当たり前のようになってきました。玄関は住宅の第一印象を決める大変重要な部分でもあり、住宅の顔とも言われる部分です。それだけにキレイでスッキリとした玄関に仕上げておきたいものです。それを実現するためにもシューズクロークの存在は重要です。
最近では玄関スペースよりもこのシューズクロークの収納力を重視する人も少なくありません。シューズクロークの収納力があれば玄関スペースに物が置いたままになることもなく、スッキリと片付きます。広さに余裕がなくても物が片付いていることで、圧迫感を感じず開放感さえ感じられことでしょう。シューズクロークには靴や傘を収納しておくだけではありません。外で使用するベビーカーや三輪車、車の洗車用品に旦那さんの趣味のゴルフ用品などこれらの物まで収納できるシューズクロークであれば使いやすさが高まります。

室内には収納できない物は意外と多いです。また外で使用するものなので、靴を履きその場で必要な物をサッと取り出し、スムーズに外出することもできます。動線にそった収納は使いやすい便利な収納スペースとなるのです。

我が家の新築住宅にも玄関横にシューズクロークを設けました。そのシューズクロークは室内への出入りができる動線を確保したので、より便利で使いやすいシューズクロークになると思います。しかし通路を確保しておくことで収納量は少し減ってしまいます。シューズクロークは無くてはならない存在なだけに、どのように活用させ住み心地の良さに繋げられるかがこれからは求められると思います。

ママスペース

家事に育児に忙しいママにも一人でホッと安らげるスペースは欲しいものです。そこで最近間取りにママのためのワークスペースを設ける家庭が増えてきました。

ママのためのワークスペースを設ける場所はキッチンが一番いいと思います。キッチンスペースにこの空間があることで、家事の合間に休憩する場所として最適です。キッチンで一日の大半を過ごす主婦は多いのでこの空間に設けたいものです。
家事の合間にホッとお茶を飲むスペースとして、また家事の延長で家計簿を書いたり、裁縫をしたりする作業スペースとしても活用させます。またパソコンを使い夕飯のレシピ検索をしたりもできます。キッチンスペースに設けることでパソコンでレシピを見ながらスムーズに夕飯の支度ができます。

キッチンからの動線だけに配慮するわけではありません。リビングやダイニングにいる家族の様子を確認しやすいという理由もあります。子どもが小さい家庭では子どもから目が離せません。しかし自分の時間というものも欲しいものです。ママスペースで自分の時間を過ごしながらも、リビングやダイニングにいる子ども達の様子も確認できるので、ママにとっても子どもにとっても安心できるのです。

パソコンを使用することを考えコンセントを設けることを忘れてはいけません。また夜でもこのスペースを使用することもあるので明るさの確保も必要です。またこのスペースを有効活用させるには収納スペースも欲しいものです。ママが家事の延長をスムーズに行える場として、またホッと安らげる癒しの空間となるようにしたいですね。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes