Archive for 12月, 2015

家事の負担を軽減しよう

主婦にとって家事は365日休みがありません。この休みのない家事を負担やストレスに感じてしまうような家ならば住み心地も良くないのです。どうせなら家事を楽しみながら行える家にしたいものです。それには家事効率を高められて家事の時短を実現するといいのです。家事の効率を高めるには家事動線に注目して間取りを決めることです。

家事の中心はキッチンです。このキッチンからの動線は非常に重要です。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うことも多いです。そのためキッチンと洗面室はできるだけ動線を短く、そして行き来がスムーズに行えるようにしておきましょう。最近ではキッチンと洗面室を隣り合わせで配置する間取りも多くなってきました。2、3歩で行き来ができるため同時に二つの家事を行いやすく家事の効率が高まるのです。

そして洗面室から洗濯物干し場への動線も重要です。一階の洗面室で洗濯をして、二階のバルコニーで干すという家庭も多いです。これは若い間は何も感じないと思いますが、歳を増すにつれ体に負担となってきます。洗濯を終えた洗濯物は水に濡れ重さを増します。それを抱えて階段を上るというのは妊婦さんや足腰の弱った高齢者には不向きです。どのような状況でも家事を行いやすくしておくようにしましょう。

我が家は一階のリビングに面して設けたウッドデッキに洗濯物干し場を設けました。洗面室からの動線も長くないですし、途中に階段もはさみません。また子育て中の我が家にとっては、洗濯物を干しながらリビングで遊ぶ子どもの様子を確認できるので家事も子育てもしやすさを感じています。このように間取りに少し工夫をするだけで家事の効率を高められ家事を楽しみながら行えるようになるのです。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes