Archive for 2月, 2016

階段下の活用法

二階建てや三階建て住宅には欠かすことのできない階段。階段を設けることでこの下に生まれるデッドスペースをどのように活用させるかが家造りのポイントの一つでもあります。階段をどこに設けるか、どのような階段のスタイルにするかで階段下の活用法も変わってきます。今までは階段下というと収納スペースが当たり前のように設けられていました。

私が以前住んでいた戸建ての住宅にも階段下に収納スペースが設けられていました。奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっていました。奥にしまいこんだ物が把握しにくく、また出し入れがしにくいため使い勝手のあまりよくない収納スペースとなっていたのです。また照明が設置されていないので夜は物の出し入れが非常にしにくかったです。この教訓を生かし、新築住宅では階段下に収納スペースを設けませんでした。

新築住宅の階段下にはトイレを設けました。階段下ということで、便器を設置している部分の天井が通常の天井の高さに比べて低く、特殊な形状をしていますが、用を足すには全く支障がなく階段下を上手に活用させることができました。また階段の上り初めから途中のホールまでの階段下はトイレの収納スペースとして利用させています。トイレ収納としては十分は広さを得られたことで、トイレ内で必要な物をきちんと収納できています。特売日にトイレットペーパーを買い込んでもそのままスッポリと収納できるトイレ収納に非常に満足しています。階段下を上手に利用して満足度の高い家を目指してほしいと思います。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes