Archive for 7月, 2016

回遊型洗面室

行き止まりのない回遊型動線は暮らしやすさや、住宅内の動きをコンパクトにできるというメリットがあります。親戚宅には洗面室を回遊型にしていました。洗面室は、家族みんながいろいろな用途で使用するため生活動線を考える上でも重要な空間ですし、洗濯機を設置することから家事をする上でも重要な空間です。生活動線と家事動線の両面に配慮しなければならない洗面室を回遊型にすることで家族みんなにとって、便利で使いやすい洗面室となるのです。

帰宅してまず手洗いを行います。玄関からすぐに洗面室へ行ける動線を確保することで、手洗いをする習慣を身につけやすくなります。子ども達が外で汚れて帰ってきても、洗面室への動線が短いことで室内を汚さずに済むのです。リビングから洗面室へ行く機会も多いですし、家事動線を考えるとキッチンから洗面室への動線も重要です。

最近ではLDKの一体感を大事にした間取りが人気です。このLDKから洗面室へスムーズに行けるように玄関と反対側にも動線を確保するのです。そうすれば、わざわざ廊下に出て、洗面室へ行くという動線が長くなる状況を避けられ、LDKからサッと洗面室へ行けるのです。2方向から動線を確保することで移動のスムーズさは得られるのですが、壁面が減るので収納スペースの確保がしにくいというデメリットも出てきます。通路分のスペースも確保しておかなければならないので、広さに余裕のある洗面室が求められます。洗面室の広さや収納スペースを確保という面もしっかり配慮し、移動のしやすさを高められるようにしておきましょう。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes