シューズクローク

先日新築を建てた友人宅へ遊びに行きました。我が家もそろそろ家を建てようと計画しているだけに新築住宅に興味津々でお邪魔させてもらいました。高気密・高断熱住宅で屋根には太陽光パネルが設置されておりオール電化住宅ということでした。機能性に優れており時代に合った住宅だなと感じると同時に、間取りや室内のデザインもオシャレで大変参考になりました。

その中でも私が一番気に入ったのが玄関スペースに設けられたシューズクロークです。玄関に大きな忽那湖があれば圧迫感を感じ、明るさも遮られます。それを止め横に大容量のシューズクロークを設けることで、靴を脱ぎ履きするスペースは広々となり、明るさを取り込み開放的な空間に仕上げることができるのです。シューズクロークはただ靴をなおすだけではなく、傘をはじめ外で使用するベビーカー、三輪車など大きなものまでスッキリと収納できるようにしておけば大変便利なのです。外で使用する物なので玄関で靴を履きすぐに必要な物を取り出せ動線に無駄がありません。

またベビーカーや三輪車など外に置いておくと盗難の心配や物の劣化が気になります。住宅内でしっかり保管できれば安心性も高まります。このように便利で使い勝手のいいシューズクロークをぜひ我が家の新築にも設けたいなと思っています。気を付けておくことはブーツなど靴の大きさや高さによって収納しやすいように可動式の棚を設けたり、気になる臭いやカビなどの衛生面にも配慮し換気設備をしっかり行うことを忘れないようにしておかなければいけません。

Comments are closed.

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes