リビング階段

今までは玄関の近くに設けられていた階段ですが、最近ではリビング内に階段が設けられることが増えています。リビング階段のメリットは、家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と生まれるということです。顔を合わせることで会話も生まれやすくなり家族のコミュニケーションを大事にできるのです。

玄関の近くに階段があると子どもが帰宅して直接二階の自室に行くことができますし、親が気づかないうちに外出していたという状況も起こりうるのです。リビング階段はこのような状況を避けられます。リビング階段だと会話がなかったとしても、親は子どもの表情を伺うことができるのでちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。リビング階段は夜子どもが勝手に出かけたりするのを防ぐことができるため、夜堂々と遊びに行くのも避けられるのです。

しかし、気になるのが冷暖房効率です。二階からの冷気がリビングに流れ込み寒くなるということも聞きます。しかし、最近の住宅は、気密性・断熱性が高まっています。また、建物だけでなく熱の出入り口で一番大きな窓の気密性や断熱性を高めることで冷暖房効率を下げることもないのです。リビング階段を設けても寒さをあまり気にしなくていいということです。しかし、部屋を暖めたり冷えるには時間がかかってしまうということは理解しておく必要があるのです。

Comments are closed.

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes