外部収納

家造りを行う際にほとんどの人が収納に注目することと思います。この収納とは、室内の収納ばかりではありませんか。室内の収納も大事ですが、屋外で使用する物や室内に収納することができない物というのも意外と多いだけに、外部収納の計画も併せて行うようにしましょう。私が住んでいる地域は、冬の寒さが厳しいため冬はスタッドレスタイヤが欠かせません。このタイヤの保管場所が必須です。

また、バーベキュー用品などアウトドア好きな我々夫婦はアウトドア用品もたくさんあります。そこで住宅内に生まれるデッドスペースを利用して屋外で使用する物を収納する外部収納として利用できるようにしたのです。住宅内のデッドスペースを利用することで、庭やカーポート部分に後から物置を設置する必要がなくなりますし、住宅内のデッドスペースを利用するため見た目がスッキリとするのも大きな魅力です。

ここに収納するのは屋外で使用する物なので外から物の出し入れができるように勝手口を設けておきます。ここに収納している物を車へ乗せたり下ろしたりすることを考え、外部収納とカーポートとの動線にも配慮しました。動線のコンパクトさとしっかりと通路幅を確保したことで大きさのある物を出し入れするにも不便さを感じません。室内からもこの外部収納へ行き来ができるように動線を確保しました。

このようにしたことで、お米の備蓄庫としても最適となりました。お米は車からこの外部収納へと搬入します。そして室内からお米を補充することができるのです。室内収納だけでなく、外部収納も忘れずに計画して後から物置を設置することのないようにしておきましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2018 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes