住宅のための土地

注文住宅を建てるときに切っても切り離せない関係にあるのが土地です。

土地を持っているかいないかだけで注文住宅づくりに大きな影響がでてきます。

土地を購入するためにお金が必要にもなりますし、土地を探すことにも大きな労力がかかります。

大分で土地探しに長引いて数年決まらなかったという人もいるそうです。

結局大分に中古マンションを買ったそうです。

土地を探すときに気になるのは周辺の環境や土地の状態あたりでしょう。

周辺の環境とは例えば近くに教育機関がある、公共交通機関がある、閑静な場所であるなどのことで土地を探すときに一番考慮する人が多いことでしょう。

しかしその中でもここだけは譲れないというところと妥協してもいいかなというところは分けておくようにしましょう。

これが混じってしまうとなかなか決めることができない原因にもなりえます。

全ての条件を満たすことのできる土地はほとんどないといってもいいでしょう。

それよりも今ある土地で一番条件に近い土地を探すようにすると選びやすいと言えます。

あと気になる土地の状態ですが、地盤のことはとても気になるでしょう。

地盤の強度によって地震に強い住宅づくりをすることができるかどうかがかわってきます。

地盤が弱い土地を買ってしまったとしても、それを補強する工事さえすれば問題はありません。

しかし、その補強する工事にはお金がかかってきます。

状態にもよりますが場合によっては100万円以上かかってしまうこともあります。

そういったことも考慮した予算組をしておくとあわてなくても済むかもしれません。

Comments are closed.

Copyright © 2019 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes