Posts Tagged ‘キッチン’

腰壁のあるキッチン

最近人気のキッチンスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。このキッチンはLDKの一体感を高められ、キッチンで家事をしていても、家族と顔を見ながらコミュニケーションが取れたり、家事をしながらリビングで遊んでいる子どもの様子を確認できるので子育て世代に取り入れられるスタイルでもあります。

しかしこのキッチンスタイルのデメリットは、手元部分がリビングやダイニングから全部丸見えになってしまうところです。キレイに片付いている時はいいのですが、調理中が調理後などキッチンが片付いていない時も見られてしまうのです。キッチンカウンターよりも少し高い腰壁をキッチンの背面に取り付ければ、開放的な空間が広がりながらも手元はしっかり隠せる便利なスタイルとなるのです。

この腰壁にカウンターデスクを設ければ、パソコンスペースとしてや子ども達のスタディコーナーとして活用することができます。カウンターの下にはパソコンや子ども達の教材が収納できるようにオープン棚を設けておくと、カウンターを使用しない時はスッキリと物が片付けられます。また手元を隠すように造作カウンターを設けるのもいいでしょう。壁の厚みを利用してニッチを設ければ、ここに飾り棚を設けることもできますし、カップなどの食器類を収納しておくスペースを確保することができます。

最近ではキッチンを中心に間取りを考える家庭も多いです。それだけにキッチンが暮らしの中心になっていることを改めて感じます。キッチンで家事をする時間の楽しみながら行えるキッチンにしたいものですね。

キッチンにも収納

多くの女性が住宅の中でキッチンの充実を強く願うことと思います。
私も新築住宅を建てる際にはこのキッチンを重視して快適で居心地のいい空間にしたいと思っています。
この願いを現実のものにするためにはやはりポイントとなるのは収納なのではないでしょうか。

最近ではオープンスタイルのキッチンが流行っています。
以前は吊戸棚があり収納するスペースもありましたが、この吊戸棚は取り出しにくく使い勝手が悪いと不満を抱いている人も多いのです。
しかしその分他に収納するスペースを設ける必要があるのです。
私は現在戸建ての賃貸住宅に住んでいます。
我が家にもこの吊り戸棚がありますが、ほとんど機能していません。
上の物は取り出しにくくまた何が入っているか確認もしずらく大変使い勝手が悪いのです。
新築住宅にはこの吊り戸棚は設置せず、シンク下やコンロ下の収納を充実させようと思っています。

最近のキッチン収納は大容量に収納でき出し入れしやすいのです。
シンクやコンロ下には調理器具や調味料など大きさも高さも違うものを収納します。
これらを立体的に収納することで無駄なスペースを生むことなくたっぷり収納できるのです。
お玉や菜箸など立ててなおしたいものは立てて収納でき、ザルやフライパンなどたくさん収納でき取り出しやすければ料理の効率も高まります。

またキッチンにパントリーを設ける人も増えてきました。
狭い空間でも無駄にすることなくこのパントリーを設けることでキッチンスペースが広々と快適になることでしょう。
そうすうと旦那さんや子ども達も積極的にキッチンでお手伝いをしてくれるようになりそうですね。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes