Posts Tagged ‘住宅’

住宅造りは設計事務所

住宅造りは設計事務所に依頼したいと考えることもよくあると思います。

設計事務所にも色々あって個人でやっているようなところから大規模な設計事務所もあります。

設計事務所には何となく依頼しにくいと考えるかもしれません。

確かに有名な建築家の設計事務所などもあるので、そういった面で気後れするのかもしれませんがほとんど心配することはありません。

依頼してくる人を無下にするような設計事務所はほとんどありません。

気軽に電話して話を聞いてみたりするようにしましょう。

設計事務所に行くと、まずは基本設計をすることになります。

基本設計では間取りなどの住宅の大まかな部分を決めます。

それができたあとに詳細設計といって細かい部分を決めていきます。

基本設計と詳細設計をキチンとすることが設計事務所のメイン業務になります。

そのため打ち合わせは回数などが多くなります。

ここで漏れがないように自分の伝えたいことや考えをしっかりとわかりやすく話すようにしましょう。

打ち合わせのときはお客さんにヒアリングして提案することが多いと思いますが、人によって提案することが違ったりします。

そのため自分と相性のいい設計事務所に依頼することが大切になってきます。

デザインの良い住宅にしていきたい、住みやすい住宅にしていきたいなど色々と考えがあるでしょう。

自分が何を求めているのかを考えて依頼する設計事務所を選ぶようにしていきましょう。

自分達だけの住宅を設計事務所で造ってみませんか。

住宅に使われるビニールクロス

住宅の壁などにはビニールクロスが使われています。

ビニールクロスはとてもよく使われているのですが、それ以外のものを壁に塗ったりすることもできます。

そもそもなぜビニールクロスがよく使われているのでしょうか。

それは安くて手軽だからということが大きな理由です。

ビニールクロスはノリをつけて貼るだけでいいという手軽さです。

それに比べると、漆喰や珪藻土を塗るときには左官屋の技術が影響してきます。

技術力が低いときれいに塗ることが出来ずに塗りムラとなってでてしまうことがあります。

そのため、漆喰や珪藻土を塗るときには熟練の左官屋が塗るほうがいいのです。

しかし、そうすると施工費が高くなってしまうということになります。

つまり、住宅の値段を下げるために使われているということになります。

性能も悪くないビニールクロスですがビニールクロスを燃やすことで人体に影響を与えるダイオキシンが発生してしまうので十分な注意が必要になります。

またビニールクロスとそれを貼るためのノリに少なからず化学物質が含まれているのでそれにも気をつけるようにしておきましょう。

それに比べると漆喰や珪藻土にしたほうが、化学物質を含んでおらず健康にも良い影響を与えるのでお金に余裕があるならそっちにしたほうがいいのではないでしょうか。

健康住宅を大分に建てた友人がいるのですが、その住宅は全面漆喰塗りの住宅だそうです。

漆喰は空気をきれいにしたりする効果もあって、快適な住生活を送ることが出来ているそうです。

輸入住宅

家の中には輸入住宅と呼ばれるものがあります。

海外の住宅を日本に建てようということで、海外での設計の考え方に基づいて材料を輸入して建てる住宅です。

日本に居ながら海外に住んでいる気分を味わうことができる輸入住宅は人気のある住宅なのです。

輸入住宅は高気密・高断熱で日本の住宅と比べても性能が高いです。

また海外の住宅のデザインなので、そこに魅力を感じる人もたくさんいます。

輸入住宅は大体ツーバイフォー工法で造られることが多いのですが、ツーバイフォー工法とほぼ同様のパネル工法で造られることもあります。

輸入住宅で気になるのはその地域に合わせた造りになっているのかということでしょう。

地震が起こりにくいところで設計された住宅は、地震に強い設計になっているのかなど気になるところです。

ハウスメーカーが扱ったりしているので特に問題はないとは思いますが、確認してみてもいいでしょう。

輸入住宅は長年住むために造られることが多い海外の住宅ならではの耐久性があるので、

30年と言われている日本の住宅よりも長持ちします。

大分の不動産屋で購入した分譲マンションに住んでいた友人がいるのですが、ある日急に輸入住宅が欲しくなったそうで分譲マンションを売って輸入住宅を購入したそうです。

一度行ってみたのですが、部屋が広くてとても生活しやすそうだなと感じました。

快適に過ごすことのできる輸入住宅で生活をすることも考えるようにしてみるといいのではないでしょうか。

中古住宅での生活

住宅を購入するときはまず新築から考える人がほとんどです。

新築を購入することができなくて中古住宅に目を向けるということもあるでしょう。

新築の住宅を購入したいと考えるのは仕方が無いことなのかもしれませんが、中古住宅でも新築の住宅と同じような暮らしをしていくことができるようにすることができます。

それは中古住宅を購入してリフォームすることです。

中古住宅を購入した人はほとんどの割合でリフォームをします。

今はリフォームするための住宅設備機器や建材、サッシの販売サイトなどが多数有る時代です。

リフォームをすることで住宅内は新しくなって、外部も新品同様にすることもできます。

リフォームですからやり方によっては、自分専用の快適な部屋などを造ったりして分譲住宅以上に生活しやすい住宅にすることもできます。

中古住宅を購入するときには不動産屋で仲介してもらうことになります。

不動産屋もその中古住宅を熟知しているわけではありません。

問題があることも多いため、中古住宅は原則としてそのままの状態で引き渡すことになっています。

売主は瑕疵担保責任といって、隠れた重大な欠陥が見つかったときには保障しなければいけないことになっています。

通常の期間は10年ですが、中古住宅に10年の保証をしていたら大赤字になってしまう可能性が高いです。

そのため特約をつけて瑕疵担保責任は負わないようにしたり期間を短くするようにしています。

売買の契約をするときには、契約書の内容を見てどうなっているかをよく確認してみましょう。

中古住宅リフォームで充実した生活をしていきましょう。

住宅造りは営業担当

住宅造りは住宅会社の営業担当の良し悪しで変わってきます。

住宅会社が持っている技術なども影響してきますが、それだけでは満足できる住宅造りはできません。

例えば、住宅造りをしていくときに営業担当が私に任せてくださいといったきり連絡をほとんどしてこなかったらどう思いますか。

不安になるでしょう。

それで良い住宅ができたとしても、そこまで嬉しいものではないはずです。

いい営業担当はお客さんのことを不安にさせないようにしなければいけません。

住宅造りは本来楽しい物であるはずです。

一回きりかもしれない住宅造りをワクワクしながら進めていきたくはありませんか。

また営業担当に他に求められることとして、お客さんが何を望んでいるのかというニーズを汲んでくれることです。

しかし何でも叶えようとする営業担当がいいわけではありません。

お客さんの状況にあわせて、お客さんが望んでいることをより良い形にして提案することが求められているのです。

例えばお客さんが望んでいることを叶えるためにはこれがいいのですが、さらにこれを組み合わせることによってお客さんが得をすることができますといった提案も必要です。

プロとして大切なのはお客さんの想定の範囲内にならないことです。

お客さんの考えている範疇であれば、お客さんはなかなか驚いたり喜んだりはしないでしょう。

営業担当とたくさん話しをしてみて、信頼関係を築くことのできる人で任せても大丈夫なのかということを考えていくようにしていきましょう。

長く暮らせる住宅

今は長く暮らすための住宅造りにシフトされつつあります。

今までは日本の住宅の寿命は手入れをしなければ30年ほどしか持ちませんでした。

しかし、それでは環境にも優しくないですし住宅ローンを完済するころには無価値なものとなってしまいます。

そのため、長く住むことができる住宅を造ることが重要になってきました。

国もそれを支援するために長期優良住宅制度を設けてそういった住宅造りをサポートしています。

長く住むことが出来る住宅は住宅の質が高いということです。

また、生活がしやすい住宅でもある必要があります。

長年住むことになる住宅が生活しにくかったら嫌ではないでしょうか。

そのために断熱性や気密性が高い住宅のほうがいいでしょう。

また周辺の環境も大事になってきます。

数十年と住むと、周辺環境も全く違ったものになってくるでしょうが、住みはじめは快適に過ごしたことでしょう。

他に数十年間で家族構成というものも変わってくるでしょう。

そのときに対応することができるように間取りを変更したりすることができるように造っておけば便利でしょう。

新築を大分で建てた知人も、将来的に家族が増えてもいいように部屋数を多くすることができるようにしています。

家族構成が変わって人数が少なくなってしまったら、住宅に一人で住むことになったりするかもしれません。

そういったときに人に貸すことができたりするような住宅であるといいかもしれません。

長く暮らすことができる住宅は、魅力的な住宅である必要があるのです。

二世帯同居

二世帯住宅で同居するのを嫌がる人も多くいます。

実際に二世帯住宅で同居すると、気を使わなければいけない部分が多くあります。

また、お互いの考え方が違うためにどうしても気分を害することが起こってきます。

例えば、一緒に食事をしたりすると、肉料理では食べられないから魚料理にしてほしいなどということがあります。

せっかく用意をしたのに色々言われてしまうと、嫌な気分になってしまうことでしょう。

そのため、食事を別々にとったりするようにしたほうがいいようです。

別々のメニューを用意するようにするのは、どうしても料理を作る人の手間になってしまいます。

毎回そういうことをしていると疲れてしまいます。

また掃除などでは、姑さんが指でホコリを拭って吹くといったことをテレビなどで見たりするでしょう。

そのままのことをするわけではないのですが、気になって掃除をするなどとしてしまいがちです。

自分が掃除をしたところを掃除されるというのも気分のいいものではありません。

勝手に掃除をすることのないようにしていきましょう。

他にも色々とありますが二世帯同居でうまくやっていくコツは、それぞれが独立した住宅での同居でしょう。

そうすることでお互いに助け合いながらもプライベートの部分は守られるということになります。

子どもがいると親に頼ることができるだけで精神的にだいぶ楽になります。

お互いが幸せに暮らすことのできる二世帯住宅に住むのもいい選択肢ではないでしょうか。

建材販売店に勤めている友人も二世帯住宅ですが、とても幸せそうにしています。

住宅会社について考える

住宅を建てるときには住宅会社に仕事を依頼することになりますが、

その中でも総合的に選ばれているのは工務店です。

佐賀で注文住宅を建てようと考えている親戚も家づくりを依頼する会社を大手の住宅メーカーにするのか、地元の工務店にするのか迷っている所です。

ハウスメーカーと呼ばれる住宅会社もあるのですが、規模は大きいけれども数が少ないのです。

工務店でもよく選ばれているのはなにかに特化したところのようです。

例えば健康のことを考えた自然系の素材を使用することにしている工務店などは数も少ないのでそこが強みとなるわけです。

今の時代は何でもできるところよりもこれだけはどこにも負けないといった住宅会社の評価のほうが高いということでしょう。

工務店に依頼するメリットには値段が安いということもあります。

値段がそこまでかからないのは人件費や広告費にそこまでお金をかけていないということにあります。

つまり工務店は人数をちょうど足りるぐらいで回しているので依頼が多くなると大変になることもあります。

そうなると一時的に増員したりすることになると思いますが、そうすると質が落ちてしまうこともあるので気をつけましょう。

お客様のことをしっかりと考えている工務店が多いため、サービスはいろいろあります。

お客様を喜ばせようとする心遣いを見ることができる工務店に依頼するようにしましょう。

工務店はハウスメーカーよりも技術など低いかもしれませんが、

その分アットホームで人とのつながりを大切にするところが多いので、

何を求めているのかによって依頼する先を変えるようにしていくといいでしょう。

友人が大分でリフォームしたときに工務店に頼んだのですが対応がとてもよかったということを言っていました。

自分に合った工務店を見つけることができるといいですね。

住宅の断熱性

住宅に住むときに大切なのが断熱性です。

住宅の断熱性によって住みやすさなどが変わってきます。

断熱性が高いほど住宅内の温度変化が少なくなります。

また断熱性と深く関わってくるのが気密性です。

気密性とは住宅がどのくらい密閉されているかどうかです。

住宅内の空気は隙間から外に出ていったりしています。

つまり、住宅の温度が下がったり上がったりすることになるのです。

気密性と断熱性を高めた住宅にすることでエアコンを使用することが少なくなります。

それによって環境に優しかったり、消費電力が低くなるので家計にも優しい住宅になるのです。

このように気密性と断熱性は重要なのですが、気密性が高くなると室内の空気が入れ替わることがなくなっていくことになるので、換気をしっかりしていくことが重要になってきます。

品川区で一戸建て住宅を購入した友人も高気密・高断熱の住宅にしました。

建材のアウトレットショップで建材を購入したそうです。

快適に過ごすことができているようです。

断熱のための工法も内断熱と外断熱があります。

木造住宅の場合には充填断熱工法と外張り断熱工法といいます。

内断熱のほうがよく使われていますが、外断熱も増えてきています。

外断熱と内断熱でメリット・デメリットがあります。

どちらにするかじっくりと考えてみてください。

断熱材にも種類があって、プラスチック系の断熱材や自然素材系や鉱物系の断熱材などがあります。

それぞれの断熱材に特徴があります。

どの断熱材にどのような特徴があるのか調べてみるようにするといいでしょう。

シックハウス症候群

住宅の中には健康のことを考えた住宅があります。

健康にいい住宅は工務店の集客としても使われているので本当に健康を考えた住宅を選べるようにしましょう。

健康に生活をすることができないと住宅で生活をする意味が無いのではないでしょうか。

住宅を原因とした病気「シックハウス症候群」というものがあります。

シックハウス症候群になると、住宅での生活に支障をきたすようになります。

シックハウス症候群の原因にVOCという揮発性の有機化合物があります。

住宅内にVOCが発生することによって、体内にVOCが溜まっていきます。

一定量以上のVOCを吸収してしまうことによってシックハウス症候群になってしまうようです。

人によってその許容量が違うので、発症するかどうかはわかりません。

また発症しても初期段階では気づきにくいかもしれません。

住宅を建てるときにはVOCを含まない材料を使うようにするといいでしょう。

健康のことを考えた住宅では自然にある材料を使っています。

それによって、VOCを含まない材料での住宅造りが可能になるのです。

大分の工務店で新築を建てた友人も自然の材料で造られた健康住宅を気に入っています。

健康住宅に住むことでシックハウス症候群の危険性を排除することができるのです。

住宅に住むなら、健康のことを意識しておきましょう。

何十年もの住宅ローンを組んだのに、病気になってしまったということにならないようにしましょう。

シックハウス症候群対策には換気も大切になってきます。

24時間換気する装置がついていたりしますが、電気代などの理由によって切ってしまうことのないように注意しましょう。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes