Posts Tagged ‘収納’

収納用品のサイズを知る

上手に収納するためには、ちょうど良いサイズの収納用品が必要です。引出しケースやカラーボックスなどの収納用品や、収納に便利な空き箱などの一般的な基本サイズを知って、収納をスムーズに進められるようにしましょう。

★引き出しケース
押し入れ用・・・奥行き74cm程度、幅39cmと44cm程度の2種類
クローゼット用・・・奥行55cm程度、幅30~45cmの間
高さは18cm(Tシャツ・下着・靴下などを立てて収納)、23cm(ジーパン・セーター・トレーナーなどを立てて収納)、30cm(フリースやニット・大判のバスタオル)、35cm(ジャンパー・スキーウエア・タオルケット)があります。

★カラーボックス
2段タイプ・・・高さ60cm。キャスターを付ければ押入れの下段にピッタリです。
3段タイプ・・・高さ90cm。リビングに置くのに丁度良い高さです。押入れ上段にも入ります。
4段タイプ・・・高さ120cm。収納力はありますが、圧迫感があるのでリビングには不向きで、子供部屋でも注意が必要です。
 一般的なカラーボックスは、縦置きだとA4サイズファイルや雑誌が入りません。 カラーボックスを横に寝かして置けばA4サイズが入ります。

★A4ファイルボックス
書類や雑誌以外に、ボトル調味料3本、洗剤類の詰め替えパック5~6個、ラップ・ホイル類12本が入ります。

★ティッシュボックス
ポケットティッシュ20個、文庫本15~16冊、ハンドタオル5枚が入ります。

★洗剤容器・・・ラップ・ホイル類6本、洗剤類の詰め替えパック3個、ハガキ約300枚が入ります。

外部収納

家造りを行う際にほとんどの人が収納に注目することと思います。この収納とは、室内の収納ばかりではありませんか。室内の収納も大事ですが、屋外で使用する物や室内に収納することができない物というのも意外と多いだけに、外部収納の計画も併せて行うようにしましょう。私が住んでいる地域は、冬の寒さが厳しいため冬はスタッドレスタイヤが欠かせません。このタイヤの保管場所が必須です。

また、バーベキュー用品などアウトドア好きな我々夫婦はアウトドア用品もたくさんあります。そこで住宅内に生まれるデッドスペースを利用して屋外で使用する物を収納する外部収納として利用できるようにしたのです。住宅内のデッドスペースを利用することで、庭やカーポート部分に後から物置を設置する必要がなくなりますし、住宅内のデッドスペースを利用するため見た目がスッキリとするのも大きな魅力です。

ここに収納するのは屋外で使用する物なので外から物の出し入れができるように勝手口を設けておきます。ここに収納している物を車へ乗せたり下ろしたりすることを考え、外部収納とカーポートとの動線にも配慮しました。動線のコンパクトさとしっかりと通路幅を確保したことで大きさのある物を出し入れするにも不便さを感じません。室内からもこの外部収納へ行き来ができるように動線を確保しました。

このようにしたことで、お米の備蓄庫としても最適となりました。お米は車からこの外部収納へと搬入します。そして室内からお米を補充することができるのです。室内収納だけでなく、外部収納も忘れずに計画して後から物置を設置することのないようにしておきましょう。

1人暮らしの人の部屋

自分中心に物を置かない
ベッドやイスなど、自分がいつもいる場所から手の届く範囲にばかり、物を置かないようにします。置くところが無くなり行き場所を失った物は、床に置かれるようになります。面倒くさがらずに、きちんときめられた場所にものを置く習慣をつけることが大切です。

狭い部屋に住む
広い部屋だと殺風景でも、せまければ同じ荷物量でも気にならなくなります。ひとり暮らしの寂しさを紛らわせるために、空きスペースに色々ものを置き、その延長で床に物が散らかっている場合があります。物の量と、部屋の広さのバランスを考えましょう。思い切って環境を変えると、生活スタイルも変わる事があります。

吊るし収納を活用する
つっぱり棒とS字フックを使います。傘やカバンはもちろん、デンタルケア用品などの小さなものにはクリップをつけて、吊るして収納します。この方法は応用が利くので、所有物が変わっても使う事ができて、便利です。

決まった場所に収納する
収納がうまくいかないのは、何がどこにあるかわからないからです。部屋が片付かない人は、関係ない所に関係のないものが収納されている可能性があります。必要な物を使う場所に収納します。自分はどこで何をするのかを考え、ライフスタイルに合った場所に収納する場所を作り、すぐ取り出せるように収納しましょう。

スペースを見つける
脚付きのベッドがあるなら、その下を最大限利用しましょう。テレビボードも収納付きの物を選びましょう。リモコンやDVD、CDも床に散らからず、探すストレスもなくなります。

生活動線から収納を考える

片付かないのは、置き場所が正しくないからです。生活導線を考えた物別・部屋別収納を考えてみましょう。

決まった場所に片付けられないものがあったり、いつも家の中を行ったり来たりしていたり、どこに置いたか分からなくなったりするのは、使い勝手を考えていない収納だからです。物の置き場所が正しいのかどうかを考え、生活の段取りをつくるには、生活導線から物の置き場所を決める事が重要です。

生活動線を見直すために、マンションの間取り図を見て、部屋毎の役割をゾーニングしてみましょう。そして、寝室で使うものは寝室に、ダイニングで使うものはダイニングに、というように、良く使う物は使う場所に収納しなおします。つまり、あるべき場所に必要な物を置いて、住所を作ってあげるのです。例えば、ダイニングで使う事が多いアイロン台を、納戸に収納していては、片付けるのが面倒で、出しっぱなしになります。ダイニングに定位置を作りましょう。

マンションのサービスルーム(納戸)は、片付かない物置場になる事が多いです。日用品や食材のストック類、シーズンオフの衣類などは、納戸に仕舞うのが良いでしょう。

整理から収納までの手順
1. 整理する・・・無駄なものを取り除き、必要な物を残す
2. 生活動線を考える・・・生活動線と、物の置き場所が正しいか見直す
3. ゾーン分けをする・・・生活動線から、間取りに合ったものの収納場所を考える
4. 収納方法を考える・・・ゾーン分けした中の収納方法を考える
この順番で収納方法を考えていけば、使い勝手が良い収納になり、リバウンドする事がなくなります。

シューズクローク

先日新築を建てた友人宅へ遊びに行きました。我が家もそろそろ家を建てようと計画しているだけに新築住宅に興味津々でお邪魔させてもらいました。高気密・高断熱住宅で屋根には太陽光パネルが設置されておりオール電化住宅ということでした。機能性に優れており時代に合った住宅だなと感じると同時に、間取りや室内のデザインもオシャレで大変参考になりました。

その中でも私が一番気に入ったのが玄関スペースに設けられたシューズクロークです。玄関に大きな忽那湖があれば圧迫感を感じ、明るさも遮られます。それを止め横に大容量のシューズクロークを設けることで、靴を脱ぎ履きするスペースは広々となり、明るさを取り込み開放的な空間に仕上げることができるのです。シューズクロークはただ靴をなおすだけではなく、傘をはじめ外で使用するベビーカー、三輪車など大きなものまでスッキリと収納できるようにしておけば大変便利なのです。外で使用する物なので玄関で靴を履きすぐに必要な物を取り出せ動線に無駄がありません。

またベビーカーや三輪車など外に置いておくと盗難の心配や物の劣化が気になります。住宅内でしっかり保管できれば安心性も高まります。このように便利で使い勝手のいいシューズクロークをぜひ我が家の新築にも設けたいなと思っています。気を付けておくことはブーツなど靴の大きさや高さによって収納しやすいように可動式の棚を設けたり、気になる臭いやカビなどの衛生面にも配慮し換気設備をしっかり行うことを忘れないようにしておかなければいけません。

シューズクローク

最近玄関の横にスペースにシューズクロークを設けるのが当たり前のようになってきました。玄関は住宅の第一印象を決める大変重要な部分でもあり、住宅の顔とも言われる部分です。それだけにキレイでスッキリとした玄関に仕上げておきたいものです。それを実現するためにもシューズクロークの存在は重要です。
最近では玄関スペースよりもこのシューズクロークの収納力を重視する人も少なくありません。シューズクロークの収納力があれば玄関スペースに物が置いたままになることもなく、スッキリと片付きます。広さに余裕がなくても物が片付いていることで、圧迫感を感じず開放感さえ感じられことでしょう。シューズクロークには靴や傘を収納しておくだけではありません。外で使用するベビーカーや三輪車、車の洗車用品に旦那さんの趣味のゴルフ用品などこれらの物まで収納できるシューズクロークであれば使いやすさが高まります。

室内には収納できない物は意外と多いです。また外で使用するものなので、靴を履きその場で必要な物をサッと取り出し、スムーズに外出することもできます。動線にそった収納は使いやすい便利な収納スペースとなるのです。

我が家の新築住宅にも玄関横にシューズクロークを設けました。そのシューズクロークは室内への出入りができる動線を確保したので、より便利で使いやすいシューズクロークになると思います。しかし通路を確保しておくことで収納量は少し減ってしまいます。シューズクロークは無くてはならない存在なだけに、どのように活用させ住み心地の良さに繋げられるかがこれからは求められると思います。

キッチンにも収納

多くの女性が住宅の中でキッチンの充実を強く願うことと思います。
私も新築住宅を建てる際にはこのキッチンを重視して快適で居心地のいい空間にしたいと思っています。
この願いを現実のものにするためにはやはりポイントとなるのは収納なのではないでしょうか。

最近ではオープンスタイルのキッチンが流行っています。
以前は吊戸棚があり収納するスペースもありましたが、この吊戸棚は取り出しにくく使い勝手が悪いと不満を抱いている人も多いのです。
しかしその分他に収納するスペースを設ける必要があるのです。
私は現在戸建ての賃貸住宅に住んでいます。
我が家にもこの吊り戸棚がありますが、ほとんど機能していません。
上の物は取り出しにくくまた何が入っているか確認もしずらく大変使い勝手が悪いのです。
新築住宅にはこの吊り戸棚は設置せず、シンク下やコンロ下の収納を充実させようと思っています。

最近のキッチン収納は大容量に収納でき出し入れしやすいのです。
シンクやコンロ下には調理器具や調味料など大きさも高さも違うものを収納します。
これらを立体的に収納することで無駄なスペースを生むことなくたっぷり収納できるのです。
お玉や菜箸など立ててなおしたいものは立てて収納でき、ザルやフライパンなどたくさん収納でき取り出しやすければ料理の効率も高まります。

またキッチンにパントリーを設ける人も増えてきました。
狭い空間でも無駄にすることなくこのパントリーを設けることでキッチンスペースが広々と快適になることでしょう。
そうすうと旦那さんや子ども達も積極的にキッチンでお手伝いをしてくれるようになりそうですね。

Copyright © 2018 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes