Posts Tagged ‘間取り’

廊下の無い家

今までは住宅に廊下が当たり前のように設けられていました。行き来を行う際になくてはならない通路でした。しかし、最近では廊下の無い家というのが増えてきました。廊下をデッドスペースとして考えられるようになってきているのです。廊下を設けることで空間が細分化されます。

しかし、最近では家族で過ごす時間や家族とのコミュニケーションを大事にしたいと希望する人が多く、細分化された間取りよりも空間の繋がりや家族との一体感を大事にした空間造りが積極的に取り入れられています。ワンルームのような一体感のあるLDKが増えているのです。これらの境には壁や建具など視界を遮るものをできるだけ設けず、奥にまで視線が繋がるようにして広さや開放感を演出し、家族が孤立する場所がなくなり、顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくなるのです。結果、廊下がデッドスペースとなり、廊下を無くすことで各部屋を広々と確保でき、利用しやすくなるのです。

また、廊下がなく、壁や建具で空間を区切らないことで明るさを通しやすく、風通しも確保しやすくなるのです。採光や採風が上手に行えることで住まいの快適性が高まり、居心地のいい空間が広がるのです。そして、階段の設置場所も大きく変化しています。今までは玄関近くに設けられていた階段ですが、最近ではリビング内に設けられるリビングイン階段が増えています。

リビング内に階段があることで、階段がリビングのインテリアの一部として存在することも多く、家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋へ行くことができないので、リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出されるのです。廊下を設けないことでリビングイン階段も増えています。階段のない住宅はこれからも人気を高めそうですね。

リビング階段

今までは玄関の近くに設けられていた階段ですが、最近ではリビング内に階段が設けられることが増えています。リビング階段のメリットは、家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と生まれるということです。顔を合わせることで会話も生まれやすくなり家族のコミュニケーションを大事にできるのです。

玄関の近くに階段があると子どもが帰宅して直接二階の自室に行くことができますし、親が気づかないうちに外出していたという状況も起こりうるのです。リビング階段はこのような状況を避けられます。リビング階段だと会話がなかったとしても、親は子どもの表情を伺うことができるのでちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。リビング階段は夜子どもが勝手に出かけたりするのを防ぐことができるため、夜堂々と遊びに行くのも避けられるのです。

しかし、気になるのが冷暖房効率です。二階からの冷気がリビングに流れ込み寒くなるということも聞きます。しかし、最近の住宅は、気密性・断熱性が高まっています。また、建物だけでなく熱の出入り口で一番大きな窓の気密性や断熱性を高めることで冷暖房効率を下げることもないのです。リビング階段を設けても寒さをあまり気にしなくていいということです。しかし、部屋を暖めたり冷えるには時間がかかってしまうということは理解しておく必要があるのです。

梁見せリビング

リビングは家族が長時間共に過ごす場所です。住宅の中でどの空間よりもリビングを重視することと思います。より広く、開放感に溢れ、リラックスできる空間を誰もが求めます。そこで最近では、リビングに化粧梁を設けたり、構造用梁をそのまま見せ梁としてリビングのインテリア性を高めたり、リビングに開放感をプラスさせる家庭も多いです。構造梁を見せることでリビングの天井を少し高くすることができます。天井が少し高くなるだけでリビングに広さや開放感が得られるのです。

リビングやダイニングの一部に吹き抜けを取り入れる家庭も多いです。吹き抜けは二階にまで視界が繋がることで、面積以上の広さや開放感が得られるのです。我が家はリビングの一部を吹き抜けにしました。この吹き抜け部分には構造梁を見せてリビングのインテリア性を高めています。天井が通常より高く構造梁や化粧梁を設けることで、空間の印象が広く、よりオシャレさを増すのです。

我が家はリビングに吹き抜けを設けたことで、一階で過ごす家族と二階で過ごす家族の繋がりを感じることができます。別々の空間に居ても互いの存在を身近に感じられるので安心度も高まります。家族の中心となるリビングの居心地を高めるためには、天井を高くして梁を見せたり、吹き抜けを取り入れるのもいいのですが、リビングに物が散らからない環境を整えておくことも大事なのです。物がスッキリと片づけられることでリビングのインテリア性も増すのです。リビングをオシャレに素敵な空間にしたいものです。

回遊型洗面室

行き止まりのない回遊型動線は暮らしやすさや、住宅内の動きをコンパクトにできるというメリットがあります。親戚宅には洗面室を回遊型にしていました。洗面室は、家族みんながいろいろな用途で使用するため生活動線を考える上でも重要な空間ですし、洗濯機を設置することから家事をする上でも重要な空間です。生活動線と家事動線の両面に配慮しなければならない洗面室を回遊型にすることで家族みんなにとって、便利で使いやすい洗面室となるのです。

帰宅してまず手洗いを行います。玄関からすぐに洗面室へ行ける動線を確保することで、手洗いをする習慣を身につけやすくなります。子ども達が外で汚れて帰ってきても、洗面室への動線が短いことで室内を汚さずに済むのです。リビングから洗面室へ行く機会も多いですし、家事動線を考えるとキッチンから洗面室への動線も重要です。

最近ではLDKの一体感を大事にした間取りが人気です。このLDKから洗面室へスムーズに行けるように玄関と反対側にも動線を確保するのです。そうすれば、わざわざ廊下に出て、洗面室へ行くという動線が長くなる状況を避けられ、LDKからサッと洗面室へ行けるのです。2方向から動線を確保することで移動のスムーズさは得られるのですが、壁面が減るので収納スペースの確保がしにくいというデメリットも出てきます。通路分のスペースも確保しておかなければならないので、広さに余裕のある洗面室が求められます。洗面室の広さや収納スペースを確保という面もしっかり配慮し、移動のしやすさを高められるようにしておきましょう。

マルチで使えるカウンター

最近ではリビングやダイニングの一角にパソコンスペースを設けたり、スタディコーナーを設けたり、ママのためのワークスペースを設けたりすることが多いです。そこで我が家は、ダイニングの一角にマルチに使えるカウンターを設けたのです。ダイニングであれば、家事の合間の時間にママスペースとして活用しやすいからです。

私はパソコンを使って仕事をすることもありますし、趣味はネットショッピングであるだけにパソコンスペースは私には必ず欲しいスペースでした。また、子ども達が勉強する場所は、二階に設けた子ども部屋ではなく、家族が身近にいるリビングやダイニングで行う子どもが多いのです。そのため立派な学習机を購入するよりもリビングやダイニングにスタディコーナーを設けることの方が主流となりつつあります。

私のパソコンスペースや子ども達が成長した時にスタディコーナーとして利用したりと多目的に使用できるマルチカウンターを設けたのです。子ども達が二人並んで勉強をしたり、私がパソコンをしている隣で子どもが勉強できるように横幅を確保しました。そして教材を広げることもありますし、洗濯物をたたんだりすることもあるので奥行も確保しました。カウンターの上を片づけられるように収納スペースも確保しました。カウンターの両サイドにはパソコン関連用品や、勉強道具を一時置きできたりと収納スペースを確保したのです。窓際に設けたことで自然の明るさの中で作業が行えるのも良かったなと思っています。

階段下の活用法

二階建てや三階建て住宅には欠かすことのできない階段。階段を設けることでこの下に生まれるデッドスペースをどのように活用させるかが家造りのポイントの一つでもあります。階段をどこに設けるか、どのような階段のスタイルにするかで階段下の活用法も変わってきます。今までは階段下というと収納スペースが当たり前のように設けられていました。

私が以前住んでいた戸建ての住宅にも階段下に収納スペースが設けられていました。奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっていました。奥にしまいこんだ物が把握しにくく、また出し入れがしにくいため使い勝手のあまりよくない収納スペースとなっていたのです。また照明が設置されていないので夜は物の出し入れが非常にしにくかったです。この教訓を生かし、新築住宅では階段下に収納スペースを設けませんでした。

新築住宅の階段下にはトイレを設けました。階段下ということで、便器を設置している部分の天井が通常の天井の高さに比べて低く、特殊な形状をしていますが、用を足すには全く支障がなく階段下を上手に活用させることができました。また階段の上り初めから途中のホールまでの階段下はトイレの収納スペースとして利用させています。トイレ収納としては十分は広さを得られたことで、トイレ内で必要な物をきちんと収納できています。特売日にトイレットペーパーを買い込んでもそのままスッポリと収納できるトイレ収納に非常に満足しています。階段下を上手に利用して満足度の高い家を目指してほしいと思います。

家事の負担を軽減しよう

主婦にとって家事は365日休みがありません。この休みのない家事を負担やストレスに感じてしまうような家ならば住み心地も良くないのです。どうせなら家事を楽しみながら行える家にしたいものです。それには家事効率を高められて家事の時短を実現するといいのです。家事の効率を高めるには家事動線に注目して間取りを決めることです。

家事の中心はキッチンです。このキッチンからの動線は非常に重要です。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行うことも多いです。そのためキッチンと洗面室はできるだけ動線を短く、そして行き来がスムーズに行えるようにしておきましょう。最近ではキッチンと洗面室を隣り合わせで配置する間取りも多くなってきました。2、3歩で行き来ができるため同時に二つの家事を行いやすく家事の効率が高まるのです。

そして洗面室から洗濯物干し場への動線も重要です。一階の洗面室で洗濯をして、二階のバルコニーで干すという家庭も多いです。これは若い間は何も感じないと思いますが、歳を増すにつれ体に負担となってきます。洗濯を終えた洗濯物は水に濡れ重さを増します。それを抱えて階段を上るというのは妊婦さんや足腰の弱った高齢者には不向きです。どのような状況でも家事を行いやすくしておくようにしましょう。

我が家は一階のリビングに面して設けたウッドデッキに洗濯物干し場を設けました。洗面室からの動線も長くないですし、途中に階段もはさみません。また子育て中の我が家にとっては、洗濯物を干しながらリビングで遊ぶ子どもの様子を確認できるので家事も子育てもしやすさを感じています。このように間取りに少し工夫をするだけで家事の効率を高められ家事を楽しみながら行えるようになるのです。

主婦が憧れる空間

最近主婦が憧れる空間として間取りに取り入れられている家事ルーム。この家事ルームでは洗濯物を洗う、干す、たたむ、しまうという一連の家事を同じ空間で行えるのが魅力です。
この家事ルームを設ける場所としてはキッチンと洗面室の間です。家事動線を考える上で一番重要なキッチンと洗面室。これら二つの空間を家事ルームで繋ぐことで家事を今まで以上に効率よく行えるようになるのです。

洗濯は毎日行う家事の一つです。毎日行うので屋外に干せない日というのも当然あります。そのような時でも室内に洗濯物干し場をきちんと確保しておくことで、毎日行う家事を円滑に行えるのです。最近では天井から吊るすタイプの室内用物干しがあるので空間に圧迫感を与えません。

この家事ルームにはカウンターデスクを設けます。カウンターデスクがあることで洗濯物をたたむ台として、またアイロンがけの台として、裁縫をする台として家事をする便利なカウンターデスクとなるのです。
カウンターデスクの下はそれらに関連する用品をきちんとしまえるように収納スペースを確保しておくといいでしょう。また家族の衣類を一か所にこのスペースでしまうことで主婦の仕事を格段に減らしてくれます。たたんだ洗濯物を各部屋のクローゼットにしまうのは、住宅内の行き来も増えますし大変です。一か所で管理することでこの無駄な動きを省け、家事の効率も高まります。

主婦が憧れる空間というのも納得できると思います。家事には休みがないだけに、ストレスに感じることなく楽しみながら行えるような家にしたいものです。

アウトドアリビングを楽しむ家

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。リビングの延長上には和室を設けており、和室からもこのウッドデッキへ行き来できるようにして回遊型のアウトドアリビングスペースを確保したのです。このようなウッドデッキを設けることで、リビングの延長として外の空間を楽しむことができるのです。

室内にも開放感を与えてくれます。横幅のあるウッドデッキは奥行も持たせました。横幅と奥行があることでここにガーデンファニチャーを配置することもできます。ここで食事をして楽しむのもいいですし、ママ友とゆっくりお茶をするスペースとしても最適です。夜には夜空を眺めながら夫婦で晩酌をするのもいいでしょう。このウッドデッキの上は二階のバルコニーが広がります。同サイズのバルコニーを設けたので、ウッドデッキの屋根代わりとなり急な雨や夏の強い日差しを遮ることができます。

ここは子どもが遊ぶスペースとして、リビングの延長としても色々な目的で使用することができます。この空間をより楽しめるために二つの工夫を凝らしました。まず室内とも行き来がしやすいようにできるだけ段差をなくしました。段差がないことで小さい子どもから高齢者まで安心して行き来ができます。また行き来のしやすさがいつまでもこの空間を身近に感じ、大切にしようと心がけるようにもなるのです。

もう一点はよりプライベートな空間になるように、近隣住民の視線をしっかりカットしたことです。フェンスや植木を用いて開放感は損なわないように、プライバシーを確保するのです。このようにすることでアウトドアリビングをより楽しめる空間となるのです。室内だけでなく室外にも楽しめる空間があるといいものですね。

ママスペース

家事に育児に忙しいママにも一人でホッと安らげるスペースは欲しいものです。そこで最近間取りにママのためのワークスペースを設ける家庭が増えてきました。

ママのためのワークスペースを設ける場所はキッチンが一番いいと思います。キッチンスペースにこの空間があることで、家事の合間に休憩する場所として最適です。キッチンで一日の大半を過ごす主婦は多いのでこの空間に設けたいものです。
家事の合間にホッとお茶を飲むスペースとして、また家事の延長で家計簿を書いたり、裁縫をしたりする作業スペースとしても活用させます。またパソコンを使い夕飯のレシピ検索をしたりもできます。キッチンスペースに設けることでパソコンでレシピを見ながらスムーズに夕飯の支度ができます。

キッチンからの動線だけに配慮するわけではありません。リビングやダイニングにいる家族の様子を確認しやすいという理由もあります。子どもが小さい家庭では子どもから目が離せません。しかし自分の時間というものも欲しいものです。ママスペースで自分の時間を過ごしながらも、リビングやダイニングにいる子ども達の様子も確認できるので、ママにとっても子どもにとっても安心できるのです。

パソコンを使用することを考えコンセントを設けることを忘れてはいけません。また夜でもこのスペースを使用することもあるので明るさの確保も必要です。またこのスペースを有効活用させるには収納スペースも欲しいものです。ママが家事の延長をスムーズに行える場として、またホッと安らげる癒しの空間となるようにしたいですね。

Copyright © 2017 不動産や新築住宅のこと. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes